• 心花 kohana

スプリング・エフェメラル Spring ephemeral

今日は2ヶ月に1度の通院日です。


今も統合失調症の治療のためお薬を服用していますが、病気です!とすぐにわからないと思います。発達障害の方もそうなのかな…。なので、ホームページやブログなどにおおっぴらに書いて良いのかわかりませんが…何もないわけでもないのです。


自分でも何なのかわからない時がしょっちゅうあります。生きづらさは無くならない…。


どこに居ても、なかなか居場所が見つからず自分は何なのか…、一体、何が自分を邪魔しているのか…。おぼろげです。

でも、これが私なのだと。


今度描く絵は、題名は決めました。

スプリング・エフェメラル

Spring ephemeralです。

意味合いは、春のはかないもの 春の短い命 春の妖精 らしいです。

春先に生える草花を称して言うそうですが、それを題材にイメージを膨らませて色鉛筆で作品を描きます。


切り絵も額に装着します。いろいろな工夫、アイデアが浮かんできています。


うまくいくかはわかりませんが、全力で制作に打ち込もうと思います。


昨夜描いたスケッチです↓


29回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

閉鎖病棟での経験

6月から7月にかけ約1ヶ月の間、精神病院の閉鎖病棟に入院するという経験をしました。 なかなかそんな経験する人は少ないと思います。夜中に救急車で運ばれ、でも車の中でじっと座って、落ち着き放った態度で、心の中では、ただただいろいろなことに腹を立てていました。あの時のこと、はっきりと今は記憶にはないところも出てきましたが、まぁまぁよく覚えています。 コロナの不安、ストレスからの病気の再発でした。 地球規